ページの先頭



第1回カーボン・オフセット大賞エントリー事例
カーボン・オフセット付き発送サービス【インド/タミルナドゥ風力発電】

応募団体:株式会社ポストインネットワーク

1.応募する活動の名称・タイトル
カーボン・オフセット付き発送サービス【インド/タミルナドゥ風力発電】


2.活動の概要
<オフセットの分類>
商品使用・サービス利用オフセット


<排出量の事前認識・・算定>

 発送物1通あたり、500gのCO2削減に貢献できる

 CO2削減目標は、環境省の環境キャンペーンである「めざせ!1人、1日、1kg CO2削減運動」を参考に、資料請求者の日常生活で排出されるCO2のうち、半分の500gをオフセットできるように設定した。


<オフセット対象範囲・・バウンダリ>
 算定範囲と同じ


<排出削減努力の実施>

 カーボン・オフセット付き発送サービス

 現状各大学の大学案内は、ネット上で気軽に取り寄せることができる。その取り寄せる手段の一つにカーボン・オフセット付きで請求できる資料請求サイトを立ち上げ、受験生は通常の方法、もしくはカーボン・オフセット付き発送かを選択することができ、自発的に環境に貢献しているという仕組みを実現した。発送の際には、カーボン・オフセット付きの発送を行っている旨などを記載したシールを貼付して発送する。資料請求者の日常生活で排出されるCO2のうち、半分の500gをオフセットできると同時に、インド/タミルナドゥ風力発電へも支援ができる。

①送り主より委託を受けた各種資料等を、上記シールを貼付したカーボン・オフセット付き発送にて対応
※送り主は通常の作業・発送費+カーボン・オフセット分の費用を負担。

②資料到着
※資料請求者の日常生活で排出されるCO2のうち、半分の500gをオフセット、インド/タミルナドゥ風力発電への支援も可能。

③上記サービスをご利用いただいた送り主様を、弊社オリジナル環境メディア「GREEN WORKS」にてご紹介(※任意)


<取組の実施期間>
2010年8月~現在

<クレジットの種類>
CER

<プロジェクト名称>
タミルナドゥ風力発電バンドルプロジェクト(国連番号0991)

<無効化に関する状況>
無効化完了日(2010年8月19日)

<情報サイト>
自社HP
2010年8月~:【CER】タミルナドゥ風力発電バンドルプロジェクト(国連番号0991)
環境メディア「GREEN WORKS」

3.CO2排出削減努力とカーボン・オフセットの内容

 送る人も送られる人も環境に貢献できる仕組み作り

 弊社のアウトソーシング事業において、資料請求者への資料発送が主なサービスとなる。発送時にはトラックでの運送により、環境への負荷がどうしても生じてしまう。発送をしながらでも環境に貢献できる方法はないか、また発送物を受け取った側にも「貢献した」という共有意識をもってほしいと思い、上記サービスを導入することとした。
 今後は、実際にカーボン・オフセット付きの発送物を受け取った方が新しいアクションをとれるように展開していきたいと考えている。

4.CO2排出削減以外の効果
 受験生が大学を選択するということは、将来についてよく考える最初の機会であり、そのためにさまざまな大学の資料を取り寄せることになる。この資料請求を通じたカーボン・オフセット付き発送により、今まで「環境」について考えるきっかけがなかった若い世代に、「カーボン・オフセット」や「環境」について考えるきっかけを与えられている。

5.普及啓発の効果
 カーボン・オフセット付き発送では、左記のシールを貼付して発送する形になる。つまり、資料請求者だけではなく、発送物の封入作業をする方・配達する方など、発送物にシールを貼付することでさまざまな人の目に触れアピールすることができる。シールには、カーボン・オフセット付きの発送を行っている旨や、同サービス内容を掲載している弊社HP内のページのURLを記載し、多くの方の目に触れることで、環境啓発の効果も生んでいる。
 弊社オリジナル環境メディア「GREEN WORKS」にて、各大学や企業などの環境活動を紹介している。実際に学生が行っている活動を紹介することで、環境への貢献を身近にとらえてもらえる。カーボン・オフセット付き発送サービスをご利用いただいた送り主様も合わせてご紹介し、月ごとにオフセットできたCO2量も同サイトにて掲載していく予定なので、目に見える形で貢献を実感することができる。
 大学という教育機関で、資料請求を通じて受験生向けにカーボン・オフセット付き発送を行うことで、大学入学前から環境について興味をもってもらうことができる。

6.ストーリー性
 当社は大学・各種学校を中心として、発送代行サービスを含めたアウトソーシング事業を行っていることから、さまざまな学校の資料を保管・発送している。例えば知名度が高く規模が大きな大学の場合、毎年10万人以上の受験生が資料を請求するが、どうしても資料配送における環境への負荷、送付用資料が大量に余ることによる資源の無駄が発生してしまう。加えて、若い世代の教育を担っていく大学、特に昨今は環境系学部のある大学も多い中、これは矛盾しているのではないかというジレンマに対して、何とかしたいという思いから、このカーボン・オフセット付き発送サービスを提供している。
 環境に貢献するのは社会の一員として当然のことであり、当初は当社単独で貢献することも考えたが、教育機関である大学を巻き込むことで、もっと若い世代へ有効的にアピールすることができている。今後はさらに若者の環境意識の向上への一助を担うことができるように、ソーシャルメディアなどをリンクさせながら、多くの方に知っていただくように展開していきたいと考えている。






CO-Net事務局

toiawase


CO-Netニュースはfacebookでもご覧いただけます。