ページの先頭



第1回カーボン・オフセット大賞エントリー事例
被災地支援カーボン・オフセット付き発送サービス【岩手県/釜石地方森林組合】

応募団体:株式会社ポストインネットワーク

1.応募する活動の名称・タイトル
被災地支援カーボン・オフセット付き発送サービス【岩手県/釜石地方森林組合】


2.活動の概要
<オフセットの分類>
商品使用・サービス利用オフセット


<排出量の事前認識・・算定>

発送物1通あたり、500gのCO2削減に貢献できる

 CO2削減目標は、環境省の環境キャンペーンである「めざせ!1人、1日、1kg CO2削減運動」を参考に、資料発送対象者の日常生活で排出されるCO2のうち、半分の500gをオフセットできるように設定した。


<オフセット対象・・バウンダリ>
 算定範囲と同じ


<排出削減努力の実施>

 被災地支援カーボン・オフセット付き発送サービス
 
 資料発送対象者への発送の際に、被災地支援カーボン・オフセット付きの発送を行っている旨などを記載したシールを貼付して発送する。資料等を受け取った方の日常生活で排出されるCO2のうち、半分の500gをオフセットできると同時に、岩手県/釜石地方森林組合へも支援ができる。

①送り主より委託を受けた各種資料等を、上記シールを貼付した被災地支援カーボン・オフセット付き発送にて対応
※送り主は通常の作業・発送費+被災地支援カーボン・オフセット分の費用を負担。

②資料到着
※資料発送対象者の日常生活で排出されるCO2のうち、半分の500gをオフセット、岩手県/釜石地方森林組合への支援も可能。

③上記サービスをご利用いただいた送り主様を、弊社オリジナル環境メディア「GREEN WORKS」にてご紹介(※任意)


<取組の実施期間>
 2011年11月~現在

<クレジットの種類>
 J-VER

<プロジェクト名称>
 岩手釜石の森から生まれるクレジット(プロジェクト番号:0034)

<無効化に関する状況>
 無効化完了日(2011年11月29日)

<情報サイト>
弊社HP
2011年11月~:【J-VER】岩手釜石の森から生まれるクレジット(プロジェクト番号:0034)
弊社オリジナル環境メディア「GREEN WORKS」


3.CO2排出削減努力とカーボン・オフセットの内容

 発送物から環境だけではなく被災地へも貢献を・・・

 弊社のサービスの中心であるダイレクトメール発送において、トラックでの運送により、環境への負荷がどうしても生じてしまうということ、また昨年発生した東日本大震災の惨状を目の当たりにし、会社のCSRとして新たに導入できるサービスはないかということで、上記サービスを導入することとした。
 今後も、会社のCSRとして被災地支援を継続的に実施していくだけではなく、被災地支援カーボン・オフセット付き発送物を受け取った方が新しいアクションをとれるように展開していきたいと考えている。

4.CO2排出削減以外の効果

 被災地支援カーボン・オフセット

 「岩手県/釜石地方森林組合」のカーボン・オフセットは、同組合の森林保全に貢献できるだけではなく、昨年発生した東日本大震災の被災地でもあり、実際に被害を受けた場所であることから、被災地支援も同時に行うことができている。

5.普及啓発の効果
 被災地支援カーボン・オフセット付き発送では、左記のシールを貼付して発送する形になる。つまり資料発送対象者だけではなく、発送物の封入作業をする方・配達する方など、発送物にシールを貼付することでさまざまな人の目に触れアピールすることができる。シールには、被災地支援カーボン・オフセット付きの発送を行っている旨や、同サービス内容を掲載している弊社HP内のページのURLを記載し、多くの方の目に触れることで、環境啓発の効果を生んだり、被災地支援を実感できるようにしたりしている。
 弊社オリジナル環境メディア「GREEN WORKS」にて、各大学や企業などの環境活動を紹介している。また実際に被災地支援カーボン・オフセット付き発送サービスをご利用いただいた送り主様も合わせてご紹介し、月ごとにオフセットできたCO2量も同サイトにて掲載していく予定である。今後は、被災した「岩手県/釜石地方森林組合」の復興や活動の様子も更新することで、目に見えて貢献を実感できるようにしていきたい。

6.ストーリー性
 以前から導入していた「インド/タミルナドゥ風力発電」のカーボン・オフセット付き発送サービスでは、資料等配送における環境への負荷に対して何かできないかということで「環境への貢献」に重点を置いていた。しかし昨年発生した東日本大震災の際、実際に東北地方へ発送物が届かないという現実を目の当たりにし、環境面だけではなく、別の面から貢献をしなければならないと強く思った。まずは東北地方に発送物を届けなければならない、同時に東北地方が復興しなければならない、その上ではじめてCO2削減が実現できるのではないかと考え、被災地支援もできる「岩手県/釜石地方森林組合」のカーボン・オフセット付き発送サービスを導入することとした。
 昨年以降、大学や企業のさまざまな被災地支援活動が行われており、この発送を通じて応援しているという姿勢を示すことができている。また受け取った方が、そのシールを見ることによって、少しでも元気になればという願いも込めている。今後の東北地方発展のためにも、継続的な支援が大切である。当社としてもこちらの被災地支援カーボン・オフセット付き発送を通して支援を行っていくだけではなく、ソーシャルメディアなどをリンクさせながら、多くの方に知っていただくように展開していきたいと考えている。






CO-Net事務局

toiawase


CO-Netニュースはfacebookでもご覧いただけます。