ページの先頭



CO-Netニュース
【会員企業ニュースリリース】 住友スリーエム株式会社
東日本大震災による被災地支援として環境省J-VERによるカーボン・オフセットのプログラムを追加
3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルムのカーボン・オフセット認証を引き続き取得

配信日 2011年10月21日

 

「東日本大震災による被災地支援として環境省J-VERによるカーボン・オフセットのプログラムを追加」
「3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルムのカーボン・オフセット認証を引き続き取得」



 CO-Net会員企業の住友スリーエム株式会社は、同社販売商品である日射調整フィルム「3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム」の一部製品に適用されたカーボン・オフセット認証について、2012年9月30日まで、これまでに引き続き認証を取得したと発表しました。そして、新たに、環境省が主催する被災地支援協議会のJ-VERによるカーボン・オフセットを用いることで、東日本大震災による被災地支援として「釜石地方森林組合による集約化施業(森林整備活動)を用いた温室効果ガス吸収事業」の排出権を調達したとのことです。

【参考】2011年7月時点での釜石地方森林組合現地レポート(農山村支援センター 今野事務局次長作成)はこちらからご覧いただけます。


カーボン・オフセット認証ラベル
引き続き取得したカーボン・オフセット認証ラベル


カーボン・オフセット認証ラベル
3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルムの施工事例

オフセットの対象は日射調整フィルムの一部製品の原材料、製造、加工、出荷、廃棄の各プロセスにおいて算出したCO2排出量のすべてとなります。
 
 使用したクレジットは昨年も利用した「インド タミルナドゥ州における風力発電プロジェクト」のCERに加え、「釜石地方森林組合による集約化施業(森林整備活動)を用いた温室効果ガス吸収事業」によるJ-VERを加えました。これは東日本大震災の被災地支援の一環事業とのことです。


カーボン・オフセットの対象3M™ スコッチティント™ マルチレイヤー Nano70S/Nano80S/Nano90S 透明飛散防止  SH2CLAR※

3M™ ファサラ™ ガラスシェード ミルキーホワイト SH2MAML

算定可能な範囲内(原材料、製造工程、加工工程、出荷、廃棄)において排出するCO2の全量

※1829mm幅製品は対象外です
対象とする期間認証期間中に販売されるもの (2011年10月1日~2012年9月30日)
対象から排出されるCO2量Nano70S/Nano80S/Nano90S 1.29kg-CO2/m²
SH2CLAR 1.21kg-CO2/m²
SH2MAML 1.18kg-CO2/m²
算定方法対象製品の原材料、製造工程、加工工程、出荷、廃棄の各プロセスのCO2排出量について、それぞれの工程で投入される資材・エネルギーの物理的な測定値及び対応するCO2排出係数を用いて算定を行う「積み上げ法」を利用しています。
カーボン・オフセットに使用する排出権プロジェクト情報

プロジェクト名①
「インド タミルナドゥ州における風力発電プロジェクト」
(国連認証CFR:国連認証番号0091)

プロジェクト名②
「釜石地方森林組合による集約化施業(森林整備活動)を用いた温室効果ガス吸収事業」
(環境省J-VER:プロジェクト登録番号0034)

無効化の方法および状態:①取消 ②無効化
【共に2011年8月完了】
カーボン・オフセット費用について全額、住友スリーエムが負担し、商品への価格上乗せは行いません。





 






CO-Net事務局

toiawase


CO-Netニュースはfacebookでもご覧いただけます。