ページの先頭



CO-Netニュース
第1回 カーボン・オフセット大賞受賞団体のお知らせ

配信日 2012年2月28日

 低炭素社会の実現に向けた、優れたカーボン・オフセットの取組を行う団体を表彰することにより、現在取組を行っている多くの団体の取組を奨励するとともに、事例の紹介を通じて、カーボン・オフセットの意義と取組への理解が社会全体に広く浸透することを目的とした「第1回カーボン・オフセット大賞」が、カーボン・オフセット推進ネットワーク(以下「CO-Net」)の主催により、環境省の後援を受けて今年度創設されました。
 平成23年12月20日より平成24年1月31日まで案件の応募を行い、CO-Net事務局による予備審査及び有識者からなる審査委員会による本審査の結果、環境大臣賞(1団体)、優秀賞(3団体)、奨励賞(6団体)が決定しましたのでお知らせいたします。
 受賞団体については、3月7日(水)に東京国際フォーラムで開催されるカーボン・マーケットEXPO ~カーボン・アクションで日本を元気に!~ にて表彰、紹介いたします。
 今回の応募事例のうち、1次審査を通過いたしましたノミネート事例はこちらからご覧いただけます。

第1回受賞団体一覧
受賞団体名受賞内容
環境大臣賞株式会社エスパルスエスパルス エコチャレンジ
優秀賞株式会社イトーキITOKI スピーナ カーボン・オフセット プロジェクト
東北夏祭りネットワーク東北夏祭り カーボン・オフセット
株式会社ファミリーマートWe Love Green商品(環境配慮型商品)による
カーボン・オフセットキャンペーン
奨励賞住友スリーエム株式会社3M カーボン・オフセット製品シリーズ
住友林業株式会社きこりんとProject EARTH
~植林によるカーボン・オフセット~
全日本空輸株式会社787カーボン・オフセットキャンペーン
日本興亜損害保険株式会社保険商品・事故対応でカーボン・オフセット
-環境にやさしい自動車保険-
福島ミドリ安全株式会社『CO2の削減と東日本大震災からの復興支援を同時化』するカーボン・オフセットの仕組みを活用した、仮設住宅の『端材利用』による福島ブランド商品(『日本酒ギフトボックス』)の【地産外商】型ビジネスモデル構築プロジェクト
南アルプス市役所南アルプス市の「カーボン・オフセット農産物」
の取組み


受賞団体の紹介環境大臣賞
株式会社エスパルス
「エスパルス エコチャレンジ」
 カーボン・オフセットを活動の核として、2008年に『エスパルス エコチャレンジ』をスタート。サポーターの協力のもと、ホームスタジアムで開催するゲーム運営に伴う環境負荷の低減を目指し、クラブがリードし、スポンサー、サポーターの参画を促し、三位一体となってカーボン・オフセットに取組んでいる。
 また、ブラジルのクレジットを使用したことから、ブラジルの世界的に有名なサッカークラブ(インテルナシオナル)との交流が生まれ、両チームがサッカーを通じた環境活動を続けていくことを約束するなど、カーボン・オフセットを通じて国を超えたつながりを生みだした。

優秀賞(3団体)
株式会社イトーキ
「ITOKI スピーナ カーボン・オフセット プロジェクト」
 イトーキのフラッグシップチェアであるスピーナシリーズ全機種において、200点以上の部品で構成される製品のライフサイクル全体から排出されるCO2排出量について全量をオフセットした取組。スピーナチェアを採用した「顧客企業の環境配慮」をPRできるように、1脚毎にカーボン・オフセット認証ラベルを貼付している。

東北夏祭りネットワーク
「東北夏祭り カーボン・オフセット」
 東北地方で同時期に開催される複数の夏祭りを、東北地方で創出された国内クレジットで一斉にオフセットした取組。東北夏祭りネットワーク事務局(仙台商工会議所)の呼び掛けにより、東北地方の各夏祭りの実行委員会およびそれぞれの夏祭りへの参加団体が協力して実施され、多くの団体が実際に自分自身で算定を行うなどカーボン・オフセットの理解の浸透を促した。


株式会社ファミリーマート
「We Love Green商品(環境配慮型商品)によるカーボン・オフセットキャンペーン」
 ファミリーマートが展開する環境配慮型プライベートブランド「We Love Green」商品を被災地で創出されたJ-VERクレジットを活用してオフセットした取組。東北地方のJ-VERを利用した商品を設計することでカーボン・オフセットの持つ力を分かりやすく具体化し、それをコンビニエンスストアが販売することにより、幅広く多くの人にカーボン・オフセットの意義や効果を発信し理解を促した。

奨励賞(6団体)
 当初、環境大臣賞(1団体)及び優秀賞(3団体)の4団体を表彰対象としておりましたが、応募案件に関して、多様な観点からのカーボン・オフセットの取組が多数集まったことに鑑み、団体が行う幅広いカーボン・オフセットの取組を応援する形で奨励賞(6団体)を設置することとなりました。

住友スリーエム株式会社
「3M カーボン・オフセット製品シリーズ」
 住友スリーエムが手掛ける7つの製品群について、原材料調達、製造、流通、廃棄に至るまでLCAに基づき算定を実施しCO2排出量をオフセットした取組。同社は既に9件のカーボン・オフセット認証を取得した。今後も同社の掲げるサステナビリティ指針に則り、事業活動を通じてカーボン・オフセットをはじめとしたCO2削減を推進していく方針である。また被災地支援型オフセット製品の販売により継続的な復興支援を行っている。同社は今後も可能な限り被災地J-VERを活用していく。

住友林業株式会社
「きこりんとProject EARTH ~植林によるカーボン・オフセット~」
 同社が提供する年間約1万棟すべての戸建住宅における、主要構造材に使用する木の伐採から建築施工までに排出されるCO2排出量をインドネシアで新たに植林することでオフセットする取組み。お客様の家づくりとカーボン・オフセットを明確につなげた活動である。年間のCO2オフセット量は6万トンに上り、生物多様性保全、水源涵養機能等の森林の持つ公益的機能の維持・向上にも貢献する。さらに、地域の住民と共に植林・育林活動を実施することで新たな雇用や収入源が創出され、その地域全体の生活水準の向上にも寄与している。

全日本空輸株式会社
「787カーボン・オフセットキャンペーン」
 一部を除く国内線全路線の機内にてワンコイン(500円)でカーボン・オフセットに参加できるキャンペーンを実施した。キャンペーン参加者には間伐材を利用したボーイング787型機の特製ピンバッジを参加証明として配布。ワンコインという手軽さと、参加証明とピンバッジを組み合わせることでカーボン・オフセットへの参加をより実感できるものにしたことが、1ヶ月で約9,000件のオフセット参加へとつながった。芦津の森いきいき木こりプロジェクト(鳥取県智頭町)のクレジットで546トンをオフセットした。

日本興亜損害保険株式会社
「保険商品・事故対応でカーボン・オフセット -環境にやさしい自動車保険-」
 保険の約款などをペーパーレス化し廃棄物の削減、資源の有効利用を訴求し、紙の製造・輸送、印刷の過程における排出削減につなげ、カーボン・オフセットの仕組みを用いて(環境配慮行動の動機付け)お客様からの共感を得ている。また車両保険事故の際に、補修が可能な場合は部品交換せずに修理を、補修が困難な場合にはエコパーツ(リサイクル部品)の活用を提案。新品部品の使用を抑えることで、産業廃棄物を削減できるだけでなくCO2排出削減につながり、こちらもカーボン・オフセットの仕組みを用いてお客様に環境配慮行動を促している。2008年の導入以来通算で、国内外の温室効果ガス削減プロジェクトを支援することで、13,715トンのオフセットを実施した。

福島ミドリ安全株式会社
「『CO2の削減と東日本大震災からの復興支援を同時化』するカーボン・オフセットの仕組みを活用した、仮設住宅の『端材利用』による福島ブランド商品(『日本酒ギフトボックス』)の【地産外商】型ビジネスモデル構築プロジェクト」 
 リユース可能となる木材により仮設住宅を建築し、そこにカーボン・オフセットの仕組みを交えることで、設計者や建築業者、そして作業員の志の高い環境理念の創造がうまれ、技術化、そして環境価値を生み出すことなった。さらに建築時の端材を用いて日本酒ギフトボックスを作成し付帯するオフセット・クレジット(J-VER)を被災地の復興に役立てる『復興債・復興援助金』的な位置づけとし、消費者の購買意欲と被災地復興意欲を同時化させる地産外商型のビジネスフローを構築した。

南アルプス市
「南アルプス市の「カーボン・オフセット農産物」の取組み」
 同市農産物のハウス栽培時に使用する重油を地産木質ペレットに代替することで生産時のCO2排出量を削減し、収穫した農産物にJ-VERを付与して販売。同市ではJ-VER創出事業も手掛けており、地元農産物を地域内外に販売をすることで、付与されたJ-VERを通じて地元の温室効果ガス排出削減事業に資金が還流する仕組みの構築を目指した取組である。






CO-Net事務局

toiawase


CO-Netニュースはfacebookでもご覧いただけます。