ページの先頭



CO-Netニュース
第2回 カーボン・オフセット大賞受賞団体のお知らせ

配信日 2013年1月28日

 低炭素社会の実現に向けて、優れたカーボン・オフセットの取組を行う団体を表彰し、奨励するとともに、具体的な取組事例の紹介を通じて、カーボン・オフセットの意義と取組への理解が社会全体に広く浸透することを目的とした「第2回カーボン・オフセット大賞」が、カーボン・オフセット推進ネットワーク(以下「CO-Net」という。)の主催により、今年度も実施されました。
平成24年9月28日より平成24年12月10日まで取組案件の応募を行い、CO-Net事務局による1次審査を経て、有識者からなる審査委員会による本審査の結果、環境大臣賞(1団体)、経済産業大臣賞(1団体)が決定しましたのでお知らせいたします。
また、多様なカーボン・オフセットの取組案件が多数集まったことに鑑み、社会におけるカーボン・オフセットの取組の更なる普及拡大を支援することを目的に奨励賞(5団体)を設置し、さらに、カーボン・オフセットの普及に顕著に貢献した団体のこれまでの功績に対して特別賞(1団体)を設置することとなりました。奨励賞(5団体)及び特別賞(1団体)が決定しましたのでお知らせいたします。
 受賞団体については、2月6日(水)に東京国際フォーラムで開催されるカーボン・マーケットEXPO 2013 [動き出す!未来が求める地球温暖化対策~ともに目指す2020年~ ] にて表彰、紹介いたします。
 今回の応募案件のうち、受賞団体の取組案件を含む1次審査を通過いたしましたノミネート案件はこちらからご覧いただけます。

(2013/5/13 CO-Net事務局よりお知らせ)
CO-Net事務局では、第2回カーボン・オフセット大賞にご応募いただいた方々に執筆のご協力をお願いし、 『第2回 カーボン・オフセット大賞 事例集』を作成しました。
作成した事例集は、カーボン・オフセット講座や環境イベント等で配布等を予定しており、また、本年度一杯は、事例集のデータファイル(PDF)を下記のCO-Netホームページ上のサイトに掲載させていただく予定です。

第2回カーボン・オフセット大賞 事例集 閲覧サイト

ぜひ、カーボン・オフセットの普及啓発にご活用ください。

※本サイトからの印刷は『不可』の設定とさせていただいておりますので、印刷等の必要がございましたら、CO-Net事務局までお問い合わせいただければ幸いです。



第2回受賞団体一覧
受賞団体名受賞内容
環境大臣賞株式会社環境思考・三重県大台町森のエコステーション活動を大台町J-VERクレジットでオフセットする取り組み
経済産業大臣賞ユニ・チャーム株式会社「東日本大震災復興支援国内クレジット活用スキーム」による被災地支援

優秀賞株式会社デコス近くの山の木でつくる、省CO2で心地よい木の家プロジェクト
日本興亜損害保険株式会社幅広い事業活動を対象としたカーボン・ニュートラル
一般社団法人日本野球機構日本の森を守る、東北復興を支援する、温暖化を防止する『NPB Green Baseball Project』
奨励賞イワヤ株式会社事業活動のカーボン・ニュートラル化
サンメッセ株式会社被災地支援型・地産地消型カーボン
オフセット等のカーボン・オフセット印刷の普及・啓発活動
株式会社 谷沢製作所タニザワエコアプローチ
東京都市大学等々力中学校・高等学校中学2年間の学びを活かす、アクションはじめの一歩プロジェクト
横浜市資源リサイクル事業協同組合環境絵日記による小学生のカーボン・オフセット~小学生と考える環境問題~
特別賞日本郵便株式会社カーボンオフセット寄附金付はがきによるカーボン・オフセットの大規模な実施/普及推進/オフセット・クレジット創出支援活動


受賞団体の紹介環境大臣賞
株式会社環境思考・三重県大台町
森のエコステーション活動を大台町J-VERクレジットでオフセットする取り組み
 エコステーションに持ち込まれたリサイクル資源の種類と量に応じて付与されるポイントを活用して、リサイクル品を持ち込む際の自動車の利用に伴うおおよそのCO2排出量を「見える化」した上で、カーボン・オフセットする取組。使用されるクレジットは地元の三重県大台町の森林吸収系J-VERによるものであることから、地元の森林資源の保全にも貢献できる仕組みとなっており、付与されるポイントは、地元商店街などでの買い物券、日本赤十字などの義損金にも活用ができる。このように、地域の自治体、住民、地元企業が深く関与しながら資源回収・リサイクルを促進し、地元の森林資源の保全や地域振興にもつながっている。


経済産業大臣賞
ユニ・チャーム株式会社
『東日本大震災復興支援国内クレジット活用スキーム』による被災地支援
 クレジットの売却代金の一部を被災地に寄付する「国内クレジット東日本復興支援プログラム」を活用し、CO2排出削減事業者の株式会社ツルハと共同して、東日本大震災の被災地にある福島工場から排出されるCO2の約1ヶ月分をオフセットした取組。消費者がツルハのドラッグストアでユニ・チャーム商品を購入した際の商品代金の一部を国内クレジットの購入費用とし、ツルハが省エネにより創出したクレジットをユニ・チャームが購入、東日本大震災の被災地にある福島工場から排出されるCO2の約1ヵ月分をオフセットした。一方、ツルハに支払われた代金の一部は東北3県(岩手、宮城、福島)に寄付されるという取組で、被災地域を対象としたカーボン・オフセットと寄付活動を組み合わせることで、被災地の環境負荷の低減に加えて、復興に貢献できる。メーカー、小売業者、顧客が協力し、国内クレジットを活用して被災地の復興支援を行った新たなビジネスモデルとなった。

優秀賞(3団体)
株式会社デコス
近くの山の木でつくる、省CO2で心地よい木の家プロジェクト
 「原材料調達」「生産」「流通」の各段階において、輸送等の効率を改善、さらにライフサイクルCO2排出量をオフセットする取組。CFP(カーボン・フットプリント)取得企業の展開事例。

日本興亜損害保険株式会社
幅広い事業活動を対象としたカーボン・ニュートラル
 事業の上流から下流まで、バリューチェーンにおけるCO2排出量の算出基準を策定するなど、営業・出張、紙・印刷の使用、物流、廃棄などの事業活動に伴う間接的なCO2排出量までをオフセットする取組。カーボン・ニュートラルの先進的な事例。


一般社団法人日本野球機構
日本の森を守る、東北復興を支援する、温暖化を防止する『NPB Green Baseball Project
 プロ野球公式戦の試合開催における空調・照明等使用によるCO2排出量のうち、9回終了時点での目標時間を超過した分をオフセットする取組。あわせてプロスポーツ界初の温暖化防止の観点からのルール改正を行い、その定着をはかっている。

奨励賞(5団体)
イワヤ株式会社
事業活動のカーボン・ニュートラル化
 企業活動から排出されるCO2排出量の全量をカーボン・オフセットする取組。カーボン・ニュートラルに取り組む中小企業のパイオニア。

サンメッセ株式会社
被災地支援型・地産地消型カーボン・オフセット等のカーボン・オフセット印刷の普及・啓発活動
 3年間でのべ47件(オフセット量76トン)に上る印刷物(91.3万部)をカーボン・オフセットした取組。

株式会社 谷沢製作所
タニザワエコアプローチ
 使用後のヘルメット帽体を燃料ガスに転換し、空調に用いることに加え、カーボン・オフセットすることにより「CO2ゼロ工場製ヘルメット」を製造する取組。

東京都市大学等々力中学校・高等学校
中学2年間の学びを活かす、アクションはじめの一歩プロジェクト 
 土曜理数系プログラム「環境」の授業実施日を対象に、校舎の利用に伴い排出されるCO2排出量をカーボン・オフセットする取組。

横浜市資源リサイクル事業協同組合
環境絵日記による小学生のカーボン・オフセット~小学生と考える環境問題~ 
 地球温暖化防止等の環境問題を絵日記のテーマとして取り上げ、環境絵日記1作品につき1kgをカーボン・オフセットする取組。

特別賞(1団体)
日本郵便株式会社
カーボンオフセット寄附金付はがきによるカーボン・オフセットの大規模な実施/普及推進/オフセット・クレジット創出支援活動
 カーボンオフセット寄附金付はがきに付加された寄附をもとにクレジットを取得し、購入者の生活からのCO2排出量を寄付金額に応じてカーボン・オフセットした取組。






CO-Net事務局

toiawase


CO-Netニュースはfacebookでもご覧いただけます。