ページの先頭



CO-Netニュース
第3回 カーボン・オフセット大賞受賞団体のお知らせ

配信日 2014年2月14日

 低炭素社会の実現に向けて、優れたカーボン・オフセットの取組を行う団体を表彰し、奨励するとともに、具体的な取組事例の紹介を通じて、カーボン・オフセットの意義と取組への理解が社会全体に広く浸透することを目的とした「第3回カーボン・オフセット大賞」が、カーボン・オフセット推進ネットワーク(以下「CO-Net」という。)の主催により、今年度も実施されました。
 平成25年9月9日より平成25年11月29日まで取組案件の応募を行い、CO-Net事務局による1次審査を経て、有識者からなる審査委員会による本審査の結果、環境大臣賞(1団体)、経済産業大臣賞(1団体)、農林水産大臣賞(1団体)、優秀賞(3団体)が決定しましたのでお知らせいたします。
 また、多様なカーボン・オフセットの取組案件が多数集まったことに鑑み、社会におけるカーボン・オフセットの取組の更なる普及拡大を支援することを目的に奨励賞を設置し、奨励賞(6団体)が決定しましたのでお知らせいたします。
 受賞団体については、3月4日(火)に東京国際フォーラムで開催されるカーボン・マーケットEXPO 2014 [進化するカーボン・オフセット!地球温暖化防止×地域貢献ビジネスの新しいかたち ] にて表彰、紹介いたします。
 今回の応募案件のうち、受賞団体の取組案件を含む1次審査を通過いたしましたノミネート案件はこちらからご覧いただけます。

(CO-Net事務局よりお知らせ)
CO-Net事務局では、第3回カーボン・オフセット大賞にご応募いただいた方々に執筆のご協力をお願いし、『第3回カーボン・オフセット大賞 事例集』を作成中です。
作成した事例集は、CO-Net主催のイベントや環境イベント等で配布等を予定しており、また、事例集のデータファイル(PDF)をCO-Netホームページ上のサイトに掲載させていただく予定です。



第3回受賞団体一覧
受賞団体名受賞内容
環境大臣賞日本興亜損害保険株式会社お客さまと被災地をつなぐ、日本の森林を守る「被災地産J-VER」の活用
経済産業大臣賞大阪ガス株式会社・阪神タイガース・阪神甲子園球場【活動①】
大阪ガス株式会社・セレッソ大阪・ヤンマー株式会社【活動②】
「関西の中小企業省エネ対策と地元スポーツチームのカーボン・オフセット活動」
農林水産大臣賞金ケ崎産直組合
「金ケ崎産直組合による農産物の付加価値向上及び地域活性化プロジェクト」

優秀賞愛知県立南陽高等学校
NanyoCompany部
愛知県立南陽高等学校 NanyoCompany部のカーボン・オフセットの取り組み
株式会社ヨンパティッシュ全商品のカーボン・オフセット
株式会社リコー「グリーンPOD研究会」を通じた、「カーボンフットプリント」「カーボン・オフセット」の普及促進
奨励賞一般社団法人エコ食品健究会・大阪前田製菓・三幸食品・湖池屋・早稲田祭・炊き出しグランプリ実行委員会・気仙沼ダンススタジオ・カネフク製菓 ほかプラス(+)カーボン・オフセット プロジェクト 進行中
株式会社川島織物セルコン床からエコ ~「捨てる」から「活かす」へ
菊水酒造株式会社KIKUSUI Style Bottle
高知県公共工事のカーボン・オフセットへの取組
公益社団法人 日本学生陸上競技連合秩父宮賜杯第45回全日本大学駅伝対校選手権大会実施運営におけるカーボン・オフセット
日立建機株式会社カーボン・オフセットをお客様とともに


受賞団体の紹介環境大臣賞
日本興亜損害保険株式会社
【お客さまと被災地をつなぐ、日本の森林を守る「被災地産J-VER」の活用】
 ~被災地の早期復興と環境にやさしい地域づくりに貢献~
 自動車保険において、紙ではなくインターネットで保険約款を確認するペーパーレスな約款などを選択した顧客(7割以上が選択)、また自動車事故修理時の樹脂バンパー補修やリサイクル部品を活用した顧客(538,172件(2013年10月末現在))などの日常生活に伴うCO2排出量の一部分を対象にオフセットを実施。
 支援対象のプロジェクトは、東日本大震災などの被災地の早期復興と環境にやさしい地域づくりに貢献することを目的に、「被災の程度」、「プロジェクトの推進による雇用の創出効果、地域経済の活性化」などの観点から8つの広域プロジェクトを採択し、被災地の森林整備によりCO2吸収量の拡大を図るものや「がれき」を選別して木質バイオス燃料として活用するものを支援。これらのプロジェクトにおける合計オフセット量は、J-VER単独として日本最大規模の10,000ton-CO2に上る。


経済産業大臣賞
大阪ガス株式会社・阪神タイガース・阪神甲子園球場【活動①】
大阪ガス株式会社・セレッソ大阪・ヤンマー株式会社【活動②】

【関西の中小企業省エネ対策と地元スポーツチームのカーボン・オフセット活動】
 ~阪神タイガース、セレッソ大阪のCO2ゼロ試合~
 2013年度の夏休み期間に阪神甲子園球場で開催された「阪神タイガース」の全9試合、および地元サッカーチーム「セレッソ大阪」のホームゲーム全試合を対象に、試合開催に伴い使用される電気、ガス、水道の使用量、観客の移動(活動②についてはスタッフの移動分も算定)、廃棄物の処理から排出されるCO2を対象にオフセットを実施。
 活動①では、甲子園球場と同じ兵庫県内の企業から取得した国内クレジットを活用し、活動②では、ホームグラウンドと同じ大阪府内の企業から取得した国内クレジットを活用するなど、クレジットの地産地消、および顧客である地元の中小企業の省エネルギー化、低炭素化の促進も図る。
 また、関西のスポーツチームの知名度を活用して、選手を起用したプレス発表を行って多くのマスコミに取り上げられた他、活動①では取組期間中に甲子園球場の沿線である阪神電車内にてポスター掲示、特別協賛ナイターの実施により場内の特設ブースでのイベント開催、大阪ガス営業社員から顧客への紹介チラシの配布などを実施、活動②ではホームゲーム中、ライナービジョンとオーロラビジョンにてカーボン・オフセット試合であることを来場者に周知し、ホーム来場者全員に紹介チラシを配布するなど、カーボン・オフセットの社会的認知度の向上、普及促進の取組にも力を入れている。


農林水産大臣賞
金ケ崎産直組合
【金ケ崎産直組合による農産物の付加価値向上及び地域活性化プロジェクト】
 ~地元出身者を巻き込んだりんごのブランディング金ケ崎の想いを都市部に伝えよう~
 対象商品の購入者が1日の家庭生活で排出するCO2をオフセットする取組。
 「1.産直の特産物であるりんごの知名度向上および付加価値向上」、「2.人口減少、農業従事者の減少が進む町の活性化」、「3.同じ岩手県の震災被災地域支援」、「4.隣接地域および首都圏でのりんごの販売経路開拓」に繋がる方法を模索する中で、ブランディング検討会を立ち上げプロジェクトがスタート。町長、議会、産直組合、岩手県が一体となり東京で新たな販路開拓を行う。また、当プロジェクトの検討・推進者、販売者、広報物作成者についても全て金ケ崎町出身者で対応することで地域活性化を図る。
 オフセット付りんごの販売数は他野菜の10倍となる日もあり売上を伸ばしている。今後も、町の特産物で親和性が高い農産物などを対象に、オフセット付農産物の継続を検討しており、6次産業化にむけた新たな商品開発、取組を展開予定。



優秀賞(3団体)
愛知県立南陽高等学校 NanyoCompany部
【愛知県立南陽高等学校 NanyoCompany部のカーボン・オフセットの取り組み】
 ~学校、地域、世界へ広げるカーボン・オフセット~
 学校・地域・環境イベント等で販売するお弁当「おもちゃばこカレー」、Tシャツ、タオルなどについてLCA(ライフサイクルアセスメント)を実施し、その一部をオフセットする取組。さらに学校行事(文化祭、球技大会など)で使用される電力使用量においてもオフセットするなど、学校全体でさまざまなカーボン・オフセットに取り組む。また、地域住民、商品購入者、イベント来場者に対して、手作り紙芝居を使用したカーボン・オフセット講座を企画するなど、カーボン・オフセットの普及啓発にも積極的に取り組んでいる。


株式会社ヨンパ
【ティッシュ全商品のカーボン・オフセット】
 ~被災地と全国のクレジット活用により全商品の製造過程CO2を100%カーボン・オフセット~
 2013年6月より、東日本大震災被災地域をはじめとする全国の「国内クレジット」を活用し、ボックスティッシュ全商品の製造過程等で発生するCO2(約3,500ton-CO2/年)を100%カーボン・オフセット(相殺)する取組を開始。オフセットをビジネスに組み込み、実際に新たな取引につながっている。また、カーボン・オフセットへの理解を促進するために、商品に関する環境配慮情報の専用ウェブサイトを開設するなど、カーボン・オフセットの広報・啓発活動も展開している。


株式会社リコー
【「グリーンPOD研究会」を通じた、「カーボンフットプリント」「カーボン・オフセット」の普及促進】
 ~POD(Print On Demand)として初の「印刷物のカーボンフットプリント・オフセット」を取得。またその普及の為に担当官庁、エンドユーザー等と一体となった研究会の立ち上げ、運営。リコーグループでCERを活用したオフセットの実施。~
 国内ではリコーグループの国内生産事業所、「環境小冊子」及び自社のデジタル商用印刷機全7機種のカタログを対象にオフセット。海外販売会社では、顧客のプリント環境にかかる環境負荷と総所有コストを「見える化」「削減」した上でプリントによる排出量を対象にオフセットを実施。また、官民共同での研究会「グリーンPOD研究会」を立ち上げ、印刷物における「CFP(カーボンフットプリント)」や「カーボン・オフセット」を普及させる為の課題の提起及び対策案の討議を進めるなど普及活動を多岐にわたり推進している。


奨励賞(6団体)
一般社団法人エコ食品健究会・大阪前田製菓・三幸食品・湖池屋・早稲田祭・炊き出しグランプリ実行委員会・気仙沼ダンススタジオ・カネフク製菓 ほか
【プラス(+)カーボン・オフセット プロジェクト 進行中】
 エコ食品健究会が関わる商品・イベントにカーボン・オフセットの取組をプラス。食が関わるビジネスにおいて、環境への配慮と健康への配慮は密接に関わることを広くアピールしていくことを目指し、さまざまな食ビジネスの形態にあわせた展開を図る。


株式会社川島織物セルコン
【床からエコ ~「捨てる」から「活かす」へ】
 2008年、業界初の「カーボン・オフセット付きタイルカーペット」を発売開始。捨てられる使用済みタイルカーペットを、廃棄物運搬・収集やリサイクル加工、製品製造を行うそれぞれの専門事業者と協働で「廃床材リサイクル循環システム」を開発するなど、環境負荷の総合的な低減に積極的に取り組む。


菊水酒造株式会社
【KIKUSUI Style Bottle】
 リユース瓶を使用した日本酒「菊水スタイルボトル」購入者の日常生活のうち、日本酒を楽しんでもらう食事の時間の照明点灯により排出されるCO2の一部をオフセット。美味しい酒づくりに必要な水を創りだしてくれる地元新潟県の森林整備のクレジットを利用し、消費者がカーボン・オフセットで美味しくスマートにエコ参加できる機会を提供。


高知県
【公共工事のカーボン・オフセットへの取組】
 県内で行われる公共工事で使用する重機・機材・車両等から排出されるCO2をオフセット。カーボン・オフセットに取り組んだ企業が社会的評価を得られるよう、公共工事の成績評価対象にカーボン・オフセットを加えるなど、参加企業の意欲を高め、好循環によるカーボン・オフセット市場の活性化を図る。


公益社団法人日本学生陸上競技連合
【秩父宮賜杯第45回全日本大学駅伝対校選手権大会実施運営におけるカーボン・オフセット】
 2009年の第41回大会より開始し、今回で5回目を迎えたイベント・オフセット。テレビ中継におけるヘリコプター・関連車両等の燃料および大会関係者の移動を対象にオフセット。大会関係者だけでなく、学生をはじめとする駅伝を見るより多くの方々にカーボン・オフセットについて知って頂き、環境について考える機会を提供。


日立建機株式会社
【カーボン・オフセットをお客様とともに】
 地球環境により貢献できる製品(林業機械、ハイブリッドショベルなど)を対象機種とし、製品製造段階で排出するCO2をオフセット。業界初の取組開始となる2008年11月から今年10月で対象機の累計は500台を達成。累計で約700ton-CO2をオフセット。「カーボン・オフセットの森」を定義し、杉の木が吸収するCO2に換算してその本数を公表するなど、業界のパイオニアとして、継続的なカーボン・オフセットの普及啓発にも取り組む。






CO-Net事務局

toiawase


CO-Netニュースはfacebookでもご覧いただけます。